まだ間に合う?Windows Vistaパソコンの買い換え(追記あり)

Windows Vista のサポート終了

 来る平成29年4月11日、マイクロソフトのOS(パソコンの基本ソフト)、Windows Vistaの延長サポートが終了するそうです。これにより、マイクロソフトによるセキュリティ更新プログラムの提供が終了しますので、Windows Vistaに新たなセキュリティ上の危険が見つかっても対策は取られないことになります。4月11日以降、インターネットにつながった状態でWindows Vistaを使うことは危険です。

 また、アプリケーションソフトのメーカーでも、マイクロソフトに合わせて、4月11日をもってWindows Vistaをサポートの対象から外すようです。

 

 3年ほど前、同じようにWindows XPの延長サポートが終了したときは世の中は結構な大騒ぎでした。これに比べてWindows Vistaは、XPよりも使っている人がかなり少ない、不人気OSのようで(某F通に勤める高校の先輩は「Windows Vista、あんなもの」と言っていました)今回のサポート終了も前回よりもかなり静かなものになっているようです。

 

 

安くなったというSSD(ソリッドステートドライブ)に

 私の事務所で税務会計専用機を離れて1度に4台パソコンを購入したのがこのWindows Vistaで、この2年ほどの間に1台ずつ新しいパソコンに買い換えて、残り1台になっていました。

 

  この、最後に買う1台については、現在メインで使っている3年前に購入したWindows 8→10のパソコンをメインから外して、これを新たなメイン機にすることにします。

 

 そしてメイン機ですので、ちょっとお金をかけてもストレージ(記憶装置)をHDDより読み込み速度が速いSSDにしたいと思いました。このあたりは長年ブログを読ませていただいている税理士もりり先生の影響です。

 

 そこで今回の購入はいつものDellではなく、マウスコンピューターのMouseProという法人向けモデルにしました。Dellにはちょうど良いSSDのデスクトップがなかったのです。SSDならパソコンそのものやアプリケーションの起動が速いそうで、さて、どのぐらい速いのかとても楽しみです。

 

間に合うのか

「楽しみです」と言うとおり、このMousePro、実はまだ届いていません。

 

 所得税の確定申告期の前、マウスコンピューターのウェブサイトを見ると、注文後2~3日で発送という感じでした。これなら十分間に合うということで、注文は確定申告後にすることにしたのです。あの時はパソコンどころではありませんでしたから。

 

 そして3月18日、いよいよ注文しようとすると「発送予定日4月11日」だそうです。えー?(多分作り置きの)即日発送コーナーでは「品切れ・入荷未定」がちらほら。ああ、Windows Vistaの買い替え需要が今頃になってあらわれたのでしょうか!?Windows Vista、不人気OSと馬鹿にしてはいけません。4月11日、サポート終了の日ではありませんか。

 まあ、現状メイン機はWindows10なので多少の遅れは差支えありません。注文しました。

 

 一方で今現在、Dellのほうはと見てみますと、作り置きの「即納モデル」なら翌日出荷、そうでなくても通常どおりの2週間で出荷だそうです。あれ??今からでも間に合いますね。しかも20%offクーポンあり。

 

 SSDにこだわったのが間違いだったのでしょうか???

 

 

3か月半使った感想(平成29年8月1日追記)

 MousePro、4月12日にセットアップして使い始めました。

 

 マイクロソフトOffice付きですので、あとは「ツカエル会計」「ツカエル経理」「達人」シリーズなど、必要なアプリケーションソフトを入れてデータを移すだけ。ソフトはすべてネットからダウンロードですのでDVDドライブは不要、付けなくて正解でした。

 

 SSDということで、やはり起動・再起動が速い速い。ソフトの起動も速いです。もちろん新品のパソコンは起動が速いのが当たり前ですが、3か月前に買ったDellのHDD付きのパソコンと比べての感想です。そしてHDDの回転音がないので、静かですねぇ。

 

 まあ、音は多少出ても構わないのですが、ソフトを起動させるときのちょっとした間がなくなったのは快適です。

 

 とにかく起動が速いので、事務所で朝起動して1日中使うデスクトップはともかく、外出先に持ち出すモバイルノートならもう、SSD一択ですね。

 

お気軽にご相談ください

こちらもご覧ください

おことわり

税法・税務に関する記載内容、ブログについては税理士として細心の注意を払っています。

しかし、読みやすさに配慮する結果、細かい例外や特例規定などに記載が及ばないことがあります。

このウェブサイトに記載された事項に基づいて取引、申告等される場合には、この点をご理解のうえ、必要に応じて関与税理士、所轄税務署等にご相談されることをおすすめします。