ツカエル会計は見た目がきれい

会計ソフトを選ぶ話です。

 

5年ほど前までは、会計事務所専用の税務・会計のシステムを使っていました。

 父が経営者だったころには買い取りでしたが、サーバー&クライアントの形になって、高くなったのでリースにしていました。

 

リース期間が終了したので、5人で使える形を販売会社の方に相談したところ、なんと、安いポルシェが買えるような値段を言われました。

潮時だと思い、別のシステムに乗り換えることにしました。

 

今までのものは、いわゆる専用機で、ハードとソフトをセットで買う形でしたが、コストパフォーマンスを追求して、別々にすることにしました。

ソフトウエアも、会計と税務で別々になります。

ハードウエアは、DELLにしました。お客様で使っている方が複数いて、安くても大丈夫そうだったからです。

税務は、当時から電子申告に対応していた、NTTデータの「達人」にしました。

問題は会計ソフトです。

 

いろいろ試用した結果、ネットワークで使えて、お客様にもおすすめしやすい「弥生会計」と新発売の「ビズソフト会計」(のちにツカエル会計に商品名変更)のどちらかにしようと思いました。

使い勝手はどちらも良かったのですが、ビズソフトの営業の方が東京から来てくださって、いろいろとお話しできたこと、それから画面の見た目(インターフェイス?)がきれいだったことから「ビズソフト会計」にしました。

毎日使うものなので、見た目にストレスがなく、きれいな方が良いです。

 

以来5年、便利に使っております「ツカエル会計」ですが、全く世間に浸透していませんね。

税理士会でも、他のソフトの営業の方も誰も知りません。(本当か!?)

良いソフトだと思うのですが。

 

 

お気軽にご相談ください

こちらもご覧ください

おことわり

税法・税務に関する記載内容、ブログについては税理士として細心の注意を払っています。

しかし、読みやすさに配慮する結果、細かい例外や特例規定などに記載が及ばないことがあります。

このウェブサイトに記載された事項に基づいて取引、申告等される場合には、この点をご理解のうえ、必要に応じて関与税理士、所轄税務署等にご相談されることをおすすめします。