パソコンの掃除

今朝、8年物のパソコン、DELL vostro200 を起動しようとしたところ、ピーピーピーピーと警報音が鳴り続け、起動しません。電源ボタンを長押ししてやり直しても同じ。これはついに壊れたかと思いました。買い換えでしょうか、8年使っていますからね。

 

でも、一応調べてみようと、別のパソコンで「vostro200 起動 警報音」と検索しました。まずDELLのサポートページを見ると、この警報音は「ビープ音」というそうで、vostro200の場合、4回ひとかたまりでの連続は「RAM 書き込み / 読み取り障害」でメモリーエラーとのこと。どうすれば良いかは書いてありません。

 

しかし、世の中には親切な先人がいらっしゃいます。

http://h-pg.blogspot.jp/2013/09/dell-vostro-200st-post-error-4beeps.html

へっぽこpgさんありがとうございました。この場でお礼申し上げます。

 

この方によると、メモリーを外して、パソコンの中のほこりを掃除。メモリーをはめ直したら直ったとのことです。

メモリーエラーというのは最悪メモリー交換だそうですが、今回実は、先日壊れて買い換えた別のvostro200が事務所の隅に置いてあります。これのメモリーが使えるかもしれません。新しいメモリーをAmazonで買うとしたら今日中には直りませんからね。

 

10時になるのを待って、近所のノジマにスタッフを走らせます(実際には自転車で行ったようです)。スプレーで空気?を噴き出してほこりを飛ばす、エアダスターというものを買うためです。

 

一方、私はパソコンのケーブル類を外し、パソコン本体をほこりが飛び散っても良い別室に移動、パソコンの蓋を開けました。

DELLのパソコンってユーザーが自分でメモリーを増設したりすることを前提としているのか、簡単に蓋を外せます。このvostro200の場合、指で回せるネジを2本外すだけで蓋を外せます。実は私も、以前、人に教えてもらって、このパソコンのメモリーを追加したことがあったのでした。

 

開けてみると意外にきれいなようです。うちの事務所は毎日掃除機をかけていますから、そのおかげでしょうか。

でも、よく見ると3つあるファンの周り、特に一番大きなファンの下にほこりが固まっています。アルコール除菌シートと子供用綿棒を使ってこれを取ることにします。そういえば近頃はファンが盛大に回っていました。陽気が良くなってきたからだと思っていましたが、このほこりのせいだったのですね。

 

ファンの下のほこりをていねいに取っていると、エアダスターが到着しました。ノンフロンだが可燃性とのこと。部屋の換気扇を回します。そしてエアダスターをパソコン内部に吹き付けたらびっくり。ものすごくほこりが舞い上がりました。薄く広くほこりが積もっていたようで、これではマスクが必要です。

 

とにかく、ひととおり吹き付けたら、4枚あるメモリーを順に外して、これにもちょっとエアを吹き付けます。しかし、このメモリーというもの、電子部品で寸法ぴったりに作ってあるせいか、外すのはともかく、はめるのにきつくて一苦労です。力を入れたら壊れてしまいそうですし。

 

何とかメモリーを4枚はめ直して、全体にもう一度エアーを吹き付けてたら、蓋を元通りに閉じます。パソコンを元の位置に戻して、モニターなどのコード類を全部つないでから電源コードをつなぎます。これで電源スイッチを入れてみればよいのですが、なぜかちょっと待った方が良いような気がして・・・掃除をしていた部屋に掃除機をかけました。

 

いよいよスイッチオン。・・・起動しました。

「前回正常に終了しませんでした・・・」という画面でしたので、セーフモードで再起動。本当に正常になりました。所要時間1時間。お疲れ様でした。

 

十数年前なら自分でパソコンの蓋を開けて掃除するなんて考えられませんでした。ずいぶんお手軽になったものです。時間もお金も助かりました。

 

ところで、何と、この間写真を1枚もとっていませんでした。ブログにすることを考えつかなかったからですが、残念です。

 

 それから、8年物のvostro200、このほかにあと2台あるのです。調子が悪くなる前に掃除したほうが良いのでしょうねぇ。次はもう少し手際良くできるでしょう。

 

お気軽にご相談ください

こちらもご覧ください

おことわり

税法・税務に関する記載内容、ブログについては税理士として細心の注意を払っています。

しかし、読みやすさに配慮する結果、細かい例外や特例規定などに記載が及ばないことがあります。

このウェブサイトに記載された事項に基づいて取引、申告等される場合には、この点をご理解のうえ、必要に応じて関与税理士、所轄税務署等にご相談されることをおすすめします。